こんな時縦にする?横にする?

ブラインドの種類とおしゃれな活用法

ブラインドの種類は、主に横型と縦型のものがあります。横型には、操作方法によってコード式、ロッド・コード式・ポール式に分けられます。縦型は、布製の素材もあり、涼しげな雰囲気を与えてくれ、操作も簡単です。
部屋のおしゃれを演出するには、ウッドブラインドがおすすめです。木製の羽の色が和室などに合い、上品な感じの部屋になります。他にも、羽が付いていないタイプのロールスクリーンやプリーツスクリーンなども、部屋をすっきりと綺麗に見せてくれます。この二種類のブラインドは、一枚の生地でできているため、壁紙のような部屋の彩りとしても最適です。シンプルな横型や縦型のブラインドは、オフィスや会議室などのイメージを引き立てます。

部屋に合わせたブラインド選び

横型のブラインドは、凸面を内向きにすると光を室内に入れて明るくすることができます。同時に、下方からの視線を遮るため、階やマンションなどの上の階から外の視線が気になる場合には良いでしょう。凸面を外向きにすると光を遮るため、直射日光を和らげます。上方からの視線も遮るので、1階の窓に最適です。窓に合ったブラインドを選ぶコツは、部屋のコンセプトやインテリアに合わせて、統一感のある空間に仕上げることです。フローリングのカラーに合わせて選ぶと、部屋を広く見せる効果があります。白い壁紙に合わせて淡い色にしたり柄のあるデザインにしたりすると、部屋全体が明るくなって気分も明るくなるでしょう。リビングなどの大きなガラス戸には、縦型にすると開放的になり広さが感じられます。